Webサイトの知識を覚えましょう

SEOコンサルタント コアスライブ 笠井です。

今まで比較的Webサイトが完成して実際に運営されている方をターゲットにSEO対策で上位表示させる重要性をお伝えしてきました。

今回は、「現在Webサイト作成を検討している」または「現在のWebサイトに不満があるので大幅なリニューアルを考えている」といった方にお伝えしていきたいと思います。

これだけインターネット普及率が上がっている今 Webサイトの重要性は昔とは比べ物にならないほど増しています。
現在普及率は8割程度ある為、小学校入学前のお子様や、高齢者でインターネットに興味の持っていない方などインターネットをあまり利用されない世代を除くと殆どが利用しているのではないでしょうか?
また、その中でyahooやgoogleなどの検索エンジンを利用している割合は8割にも上ります。

ビジネスを行うと名刺が必須になるのと同じように、Webサイトも必須となっているのです。

でもここで知識として覚えておいて頂きたいことは、Webサイトを開設したからと言って、あなたのWebサイトを見てくれる事はないという事です。

8割の方が検索エンジンを利用しているのですが、検索結果にあなたのWebサイトが表示されていなければ、Webサイトを開設していないのと同じことになってしまいます。

ちなみにあなたは、インターネットで何か情報を検索したときに、何ページまで見ますか?

多くのユーザーは1ページか2ページ目までで見るWebサイトを決定しているのです。

という事はあなたのWebサイトを検索結果20位以内に表示させなければ、意味がないと言えるのです。

でも多くは、「良くわからないから」とか「全てを業者に任せるのも嫌だ」とか色々な理由を付けて行動に移しません。
これは、ある意味正しいと思います。(自分が分からない事には手を出さない事も有りですよね)

少し話を外します。

国民生活センターや消費者センターなどには、住宅販売やリフォーム、結婚相談、葬儀などに対して苦情や相談が多くあり、上位に君臨しています。これらに共通の特徴は、購買頻度が少ない為、購入者の知識が不足しているからという事が原因の一部であると考えられています。結果「業者におまかせ状態」になったり「販売者側のいいなり」になるケースがあるようです。
少なからずSEO業者に対しても同じように相談されてくる方はいらっしゃいます。

ですから、まずはWebサイトの知識を得ていく事から始めて頂きたいと思っています。この知識は決して無駄にはなりません!

この、記事の下(↓)に「ホームページ作成の知識が取得できるレポート」(↓)
その後のご自分でできるSEO対策「内部対策」についてわかりやすくお伝えしていますので、是非読んでみて下さい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。