相互リンクとディレクトリ登録が・・・

最新のネタではありませんが、当ブログを閲覧して頂いている皆様に注意喚起という意味も踏まえてお伝えしておきたいと思います。
相互リンクにもリスクがあり、ディレクトリ登録も払ったお金が無駄になる可能性があるからです。

まず相互リンクですが、当ブログでは推奨はしておりませんでしたが、もちろんやらない方が良いですよとも言っておりません。
何故なら、SEO対策を自前で行う人にとっては、外部対策としては少なからず有効な手段であったからです。

googleのガイドライン リンクプログラムを時折確認する事をお勧め致します。

明確に相互リンクを否定している訳ではありませんが、抜粋すると、「過剰なリンク交換、または相互リンクのみを目的としてパートナー ページを作成すること」がガイドライン違反とされます。もっと簡単に言えばスパムと断定されます。

ですから相互リンクページなども、上記に当てはまる可能性が高いため気を付けて欲しいのです。

また最近では、iディレクトリのパートナーサイトからのリンクがnofollowとなり、ページランクの受け渡しが無くなったようです。
簡単に説明すると、SEO効果が期待できなくなったと言えます。
有料ディレクトリは、安心という部分が崩れてしまったとも言えますが、折角お金を払って審査を受けて、SEO効果を期待したのに・・・となりますね。残念ながら

では今後有料ディレクトリは意味を成さなくなるのか?との疑問がでると思いますが、この問いの答えには、そのディレクトリに登録してるサイトの質が高いか低いかという部分が重要なのでしょう。

少なくともiディレクトリのパートナーサイトは、あまり質が高くないと、もっと突っ込むと質が低いとgoogleは判断したのでしょう。(これについてはgoogleにしか分かりませんけど)
あなたのサイトがペナルティを受ける訳ではありませんから、それについての判断は、各自がすれば良いというだけで済みますけどね。

ここで言えるのは、残念ながら相互リンクはリスクが高くなってきたし、ディレクトリ登録はその期待する効果が無くなってくる可能性がある。という事でしょうか?

SEO対策と言われる施策について、しっかり見極めていく目が必要となってきたのは間違いありません。

しかし、怖がって何もしないのではなく、正しい見極めができる目とやり方を、見つけて欲しいと願っております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。