300記事となり振り返ってみる。

1年と3ヶ月でブログの投稿記事も300記事となりました。
始めた頃を思い出すと、とにかく色々な情報を提供しようという思いから、できるだけ定期的にしっかり発信していこうと考えていた事を思い出しました。

今もそれは変わってはいないのですが、「有益なコンテンツ」という言葉を意識しすぎると、考え過ぎてしまって中々先に進まない。という方はいませんか?

私自身それらはあまり考えないようにしています。
だって自分自身で何が有益で何が有益ではないなんて計れませんから・・・。

200記事を達成したときに、「100記事投稿して気が付いたことがあり、200記事投稿して100記事を投稿した時には気が付かなかった新しい事があった」という事を記しております。(ちょっと言葉は変えていますけど)

やっぱり300記事投稿してみて良い事、悪い事を含めて新たな気づきはありました。

ここで言いたい事は、「記事を増やせば良い」という事ではありません。

企業のホームページを例にしてみますと、その多くは、会社カタログ化(会社紹介、営業商品リスト)しています。
そこに、ブログ等活用し、一つの商品を色々な視点で、レビューしてみる。
色々な人に、まずは自社、そして営業スタッフをネット上で知って頂く機会を設ける。

こんな利用方法もあるのではないでしょうか。
ホームページだけでブランド力向上だとか、信頼を勝ち取る事は、すぐに出来る訳はありません。

ホームページは、生きているから育てるのだ!と理解して欲しいと思っています。
そしてコンテンツは資産である。

1日30分時間を取って、何かしらホームページを育成していって欲しいと思います。
肩の力を抜いて継続していきましょう!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。