SEOとは人の欲望から必要とされる

「SEOとは人の欲望から必要とされる」という意味不明なタイトルですが、そもそも、人々が検索エンジンを日常的に利用するようになり、検索キーワードで検索した結果に注目され、SEOという概念が生まれたとも言えると思えます。

最近、google検索エンジンも色々変わってきています。それに伴いSEOはもう通用しないなどの意見もチラホラ見受けられますが、今後においてもSEOは必要であり、Webサイトを運営するすべての方が知っておくべき事であると考えます。

コンテンツの質が高いものを、ユーザーに届ける重要性が増しておりますが、そもそも、見つけてもらえなければ、意味がありません。
そして、Webサイトを開設する以上、誰もが、より多くの人々に、自分のWebサイトを見つけてもらいたいと考える事は当たり前のことであると言えます。
「より多くの人たちに自分のWebサイトを見てもらい成果に繋げたい」という欲望ですね。これが、上位表示を狙う一番の気持ちでしょう。

あくまでも個人的な見解として申し上げると、SEOというものは、あなた(Webサイト)とお客様(検索するユーザー)の道を整備(最適化)する作業であると思っています。

この先に、コンテンツの質が良い悪いと判断する事ができますが、それ以前では見つけてもらえない為、スタートラインに立てていないと言える部分が確かに存在しています。

SEOという言葉を「集客」に置き換えて考えてみることも必要なのかもしれませんよ。

集客する為のコンテンツとか、集客するためにニーズのあるキーワードの選定とか、色々考える事があるはずです。

WebマーケティングスキルもWebサイトを運営する為に必要です。そこにSEOは必ず入ってくるものであると思っています。
欲望の欲を前面に出すと、得てしてブラックハットに手を染めてしまいます。
そうならないように、ご自身をセルフコントロールしていきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。