SEO対策は○○が重要という言葉の解釈

SEO対策にとって何が重要であるか?というのは、SEO対策をこれから始めようとしている方や、もう少し良い順位にしたいと考えるサイトオーナーにとっては、多少なりとも気になる所だと思います。しかし重要であるものを、受け止め方を間違えて失敗してしまうケースが多々あるようです。

例えば、ここ最近のSEO対策で重要とされている内容として、「コンテンツ」が挙げられます。

コンテンツが重要だから、コンテンツを増やそうでは上手くいくはずもありません。

例として挙げましたが、誰に発信するのか、何のために発信するのかなど、しっかり考える必要があります。
また、そもそもコンテンツであれば、SEO対策にとって重要というよりも、あなたのサイト運営において重要であるという認識の方が的を得ているように思います。個人的には良いコンテンツを作る事はSEOとは少し違うと感じております。

例題が比較的最近にSEOで重要とされている事を取り上げたましたが少し違う方向に話が向いてしまいましたスミマセン。では、ちょっとSEO対策で重要視されていた事を見てみましょう。またそれらは現在において重要視しなくて良いのだろうか?という事も。

数年前であれば、誰もがSEO対策において、外部リンクが重要である。と言われてきました。大量リンクを集める為に、ディレクトリ登録、相互リンク、有料リンクなどが、クローズアップされていました。
現在はリスクが高くなりましたが、果たして重要では無いのでしょうか?

またそれより前であれば、キーワードの記述が重要という事もありました。結果的にそれがキーワードの詰め込みなどスパムチックになっていき、googleの取り締まりも当然強化されました。
いずれにせよ、やり過ぎであったり、目的を見誤ったり、理解不足が原因で、良い成果を出すところを解釈を間違えて逆効果になる事もしばしばあるように思えます。

ひとつの施策であっても、解釈の仕方次第で、大きく意味や成果が変わってしまう事も多々あるのがSEO対策には良く当てはまる様に思いますし、何か一つの事をやれば良いという事も決して無いのではないでしょうか。

「重要」というとその解釈が、それはマストである的な受け止め方をされるケースも多く見受けられますが、まずはその本質というか、中身をしっかり理解する癖を付けて欲しいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。