SEOはリバースエンジニアリングです

SEOはリバースエンジニアリングです。

SEOに対して理解と知識を持ち合わせている方にとっては、良くご存知かもしれませんが、
「SEOはリバースエンジニアリング」と聞いて、???と言う方もいるでしょう。

SEO対策が施策を行う側にとって難しいという事と、SEO対策を依頼した側にとって、不透明なイメージがある事に対しての答えの一つとして、リバースエンジニアリングという事が言えると思います。

SEOを知らない人にとって見れば、順位アップには、何かしらのルールがあり、決められた手順を行えば成果として表れると思っている人はいると思います。

実際は、SEOとは検索エンジンに対してサイトを最適化する事ですが、当の検索エンジンが実際にどのようにサイトを評価しているのかや、何をすれば上位表示が出来るのかを公開していません。

であるからこそSEOはリバースエンジニアリングと言われるのです。
簡単に説明しますが、リバースエンジニアリングとは、構造を分析し、動作の原理を調査する事です。
もっと分かり易く噛み砕くと、サイトに対して試行錯誤し色々な対策を行い、こうすれば順位が上がる。こうすれば順位が下がる。という事を検証しながら、自分で答えを導き出し、構築しているのです。

このような事情が、あっちとこっちで言っている事が違うという現象が起こる所以なのです。
また、SEOを得意としていても、その知識、経験値はレベルの差が大きい業界でもある為、一般の人からすれば「何だか良く分からない」という事になってしまいます。

SEOを時間軸で考えた時、過去・現在・未来と考えて見て、過去の実績に安心と信頼を得てしまう方もいらっしゃいますが、SEOにおいて過去の実績はあまり意味をなしません。もちろん未来の実績は判りませんから、過去および現在においてしっかり結果を出しているのであれば、長い年月をかけてSEOに取り組んでいる為、色々な知識と経験を持ち合わせている可能性はあるでしょう。

正解がない為、自社でSEOを始めて苦労されている企業も多く見てきました。
特に小規模の会社などでは、中々思うような結果が出ない事も多くあるようです。
その理由として、担当スタッフの人件費、SEOを学ぶ費用、SEOのインフラ費用等々意外と負担が大きいからです。

現在は、テクニック的なSEOのやり方は通用しなくなりつつありますから、大分シンプルになってきたと感じていますが、それでもやはり正しいルールというのは、千差万別でもあります。

気長に知識と経験を得て行くか、学びと実績を得る為に外注を有効に活用するか、又は諦めるか、と言う選択肢の中でどれを選択するかによって、企業未来に影響があるかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。