自作自演リンクのコストは増えているが効果は?

自作自演リンクについての議論は色々な所で行われています。

やはり一番多い議論は、自作自演リンクは危険なのか?安全なのか?という事かもしれません。

もしあなたがSEOに関して、ある程度の経験と知識が無いのであれば、ただ単に「自作自演リンク」という言葉で判断しない方が良いでしょう。

ウェブサイト自体、「質、内容、見た目、など様々なサイトが存在していますよね。
でもこれらを全て「ウェブサイト」や「ホームページ」と一括りに呼びます。

自作自演リンクも同じです。
あなたの考える自作自演リンクと他人が考える自作自演リンクは同じではないでしょう。

例えば、ある記事にて自作自演リンクは上位表示に効果的で安全という内容だったとします。
でもそれはあなたが構築する自作自演リンクが、その記事にある自作自演リンクと同じサイトでは無いはずです。全く同じはあり得ないのです。

最近は、被リンク関係に関しては、Googleからの評価なども踏まえて、コストが増大していると言われています。
確かに、数年前と比較すると労力コストなどはかなり上昇していると言えると思います。

人によっては、自作自演リンクをする労力があるなら、ナチュラルリンクを獲得するための労力に費やした方が良いという意見もあります。

この辺りは、正しいとか間違っているとかの議論は、やはり内容次第と言えるのが実情です。(明確な答えでは無く申し訳ありません)

ペンギンアップデートがやってきましたが、しばらく経過を観察しなければいけないと思っています。。
色々な議論が起こってくるかと思いますが、予想としては相互リンクがどうだったとか、自作自演リンクがどうだったなどの話しが出てくるでしょう。

Googleがユーザーに対して良いコンテンツを提供するという方向性は加速していますから、コンテンツ重視でサイトを育成する事は間違っていません。

自作自演リンクは、サイトを正しく運営しているケースでは当たり前のように行われている事でもありますから、自作自演リンク=スパムという意見は間違っているでしょう。

自作自演リンクで効果を感じている人
効果は感じられない人など様々いらっしゃるでしょう。

結局は、やり方の「表題」ではなく、中身次第だという事です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。